モチベーションアップは業績アップへの鍵となる!

婦人

在庫を適正に管理する

今、パソコンによる在庫管理システムを導入する会社が増えています。在庫管理は、現在庫と発注点を知るために重要な業務です。発注点管理は、在庫の減少に際して次の注文を入れる指標にもなります。パソコンで発注点管理ができるようになったことで、社内工数が大幅に削減することになります。

まずは従業員満足度アップ

会議

仕事に関するモチベーションは、その日の気分によって大きく左右されます。毎日、着実に目標を達成するためには、同じ気持ちで臨みたいものですが、人の気持ちは常に変化するので、同じ気持ちをキープするのは難しく感じてしまうでしょう。難しそうな印象を抱いてしまうモチベーションのアップやキープは、社内の取り組みあるいは福利厚生・待遇の変更追加を行なえば、何か良い変化がもたらされる可能性があります。業績を伸ばし続けるためには、仕事の効率化は勿論重要ですが、スタッフ一人一人のモチベーションアップをどうするかを考慮するのも大切です。

業績が常に伸びている企業に共通する特徴は、従業員満足度が高めとなっているところが多いです。従業員満足度を高めるために、行なっているのが、魅力的な人材を発掘する機会を設ける、優れた意見を取り入れる、個人目標の数値化や具体化などを行なっています。業績を伸ばすために、満足度が高めの企業が取り組んでいることを参考にしてみるのも一つの手です。

魅力ある人材を発掘するためには、部活動の取り入れ、自由に会話が楽しめる空間の用意を行なってみるのも一つの方法です。また、優れた意見を発信できる環境を作り出すために、2・3か月程に一度は一般スタッフと管理スタッフとの面談を行なうのも有効です。普段、中々言えないようなことを気軽に話せるような場を設ければ、一般スタッフも緊張せずに抱いていることをすっきり話せる可能性が高まります。その過程で、業務目標の数値化や具体化を設定すれば、スタッフ一人一人のモチベーションアップにつながる可能性が高まります。

パソコンを触る女性

メールより早く情報共有

グループチャットは、チャットと呼ばれるインターネット上のコミュニケーションサービスにおける一機能です。複数のメンバーに対してメッセージを同時に伝達できるという特徴を持っています。電子メールの送信などより手間がかからず、効率的な情報共有が可能になります。

オフィス

債権の管理とシステム活用

企業においては、売掛で商品を販売することがあり、それらの債権状況を管理するシステムが債権管理システムである。債権管理システムを活用することで、代金の回収状況などが簡単に把握できるため、回収漏れなどを防ぐことができる。